お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

住宅新報家賃調査 ほぼ横ばい状態に 東京圏 ファミリー、更新多く

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 住宅新報が年2回実施している「4大都市圏家賃調査」(19年9月1日現在)がまとまった。それによると、東京圏のマンションの平均成約賃料はワンルームタイプが7万3446円で前回調査(19年3月1日時点)比0.43%プラスとなった。1LDK~2DKタイプは10万9397円で同0.23%プラス。2LDK~3DKタイプは13万6591円で同0.07%プラス。マンションは前期同様すべてのタイプでプラスとなったが、前期に比べると上昇幅は抑えられ、特にファミリータイプはほぼ横ばいだった。(詳細賃料は10~11面。三大都市圏家賃は11月19日号に掲載予定)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

2020年度宅建登録講習は申込み受付中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています