お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

大言小語 消費増税、あれこれ

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 消費税率が10%に引き上げられて1週間。増税初日は、様々な店舗で切り替えがうまくいかないなど混乱もあったが、大きなトラブルはなく、政府もほっとしているのではないか。

 ▼それでも問題が起きるのは税負担者よりも、納税義務者である販売者側のほうが多い。軽減税率について、例えばコンビニの持ち帰りは消費税率8%だが、イートインは10%。何も言わないで8%で買っておいて、イートインで食べる客が複数いたという。店側では、「ダメとは言えないし、ましてや追加分2%を取るなんてできない」と言う。また、筆者が利用するコンビニではいつも満員だったイートインが空いている。それはそれで店の売り上げが少なくなる。レジの更新など店側の負担はかなり大きい。

 ▼小規模店舗の中には、今回の対応ができず、店を閉めてしまうところがある。地域密着の昔ながらの店が多く、その地域で愛された店だ。昔ながらの味は失われ、対応ができる大手外食チェーン店ばかり増える。味気ない世の中だ。

 ▼さて、住宅・不動産にはどんな影響が出るだろう。住宅ローン減税の拡充や次世代住宅ポイントなど施策は打っている。駆け込みがなかった分、販売増となるか。駆け込みも何もなく、右肩下がりになるか。これは消費増税だけの問題ではない。世界情勢の不安定要因なども絡み、消費者心理がどう影響するか。傍観者ではいられない。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています