住まい・暮らし・文化

旭化成H 売上高7200億円目指す 新中計 ストックの価値最大化

 19年度から新中期経営計画(期間3年)をスタートさせた旭化成ホームズ。戦略の3本柱に良質な社会ストックの追求、拡大への挑戦、グループ基盤の構築を掲げ、最終年度の連結売上高で7200億円、営業利益で720億円を目指す。

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます。
新聞のお求めはこちら»  会員について»