お知らせ
HomeAwayのオーナーアカウント登録ページはこちら

「移動」が新たな付加価値 住宅・不動産企業が着目するMaaS 都心部の働き方に焦点 郊外は自動運転で外出支援

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 住宅・不動産に関わる企業は、AI(人工知能)やIoTなどを活用した新交通サービス「MaaS(マース)」でまちの課題に対応する動きを顕在化させている。オフィスや商業施設では入居企業への新たな働き方などの提案として、高齢化が進む郊外住宅地ではまちの活性化やエリア価値の維持・向上の手段として「移動」に着目する。既存の公共交通とは異なる新たな移動手段は、都市や住宅地に新たな価値を付加する可能性がある。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

マンション管理士試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています