お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

中心部でブランド展開 国交60周年の記念行事で事業発表 東急不ジャカルタ

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 世界4位の人口を抱えるインドネシアで、東急不動産グループの「ブランズ」ブランドを掲げたプロジェクトが進展中だ。首都ジャカルタ中心部(CBD)で手掛ける分譲住宅、賃貸住宅、商業施設の大規模複合開発「ブランズ・メガクニンガン」の供給が年明け始まる。日本とインドネシア国交60周年の記念事業に位置付けられたプロジェクト発表会が、計画地のある現地市長、在インドネシア大使館公使、国土交通省、65億円を出資支援し共同で事業に取り組む海外交通・都市開発事業支援機構(JOIN)の関係者と同グループ幹部などが出席しこのほど開かれた。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています