お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム
遅くまで
お疲れさまです !!
ゲスト様 ゲストユーザー

18年重大ニュース 新制度続々スタート

この記事を読むのに必要な時間:約10分

 早いもので2018年もあと1週間弱となった。今年は4月に改正宅建業法が施行され、インスペクション(建物状況調査)が重要事項説明項目となったり、安心R住宅制度がスタートするなど、中古流通市場に動きがあった。また、民泊新法も施行され、ヤミ民泊の一掃を図る。しかし、自治体独自の規制が厳しく、順調な船出とは言えないなど、不透明な部分も見られた。更に、西日本豪雨や北海道地震など大きな災害も相次いだ。住宅新報編集部が選んだ「重大ニュース」で18年を振り返った。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています