お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

賃貸契約更新を電子化へ 大東建託P 入居者の利便性向上

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 大東建託グループの大東建託パートナーズは、賃貸借契約の更新手続きで、電子化システムを導入した。電子化することにより、これまでの更新手続きの際に入居者が行う必要のあった書類への記入や捺印などの手間を省く。専用アプリなどで手続きが完了するため、入居者の一層の利便性を図っていく。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています