お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

進むか、外国人材との共生 入管難民法改正案が衆院通過 業界も人手不足解消に期待感 健全な体制づくりカギ 実習生受け入れの現場

この記事を読むのに必要な時間:約4分

 外国人労働者の受け入れに向けた入管難民法などの改正案が11月27日、衆議院本会議で与党などの賛成多数により可決され、参議院へ送られた。特に「人手不足」という声の多い分野で外国人に就労の門戸を開く内容で、賛否両論ある改正案ながら、与党は12月10日まで予定されている今国会での成立を目指している。同法案の概要や経緯と併せ、既に外国人技能実習生を受け入れている企業の取り組みを追った。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています