登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

混迷の賃貸住宅市場 なぜ増える空室 (下) 混乱招く基準の異なる空室率

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 昨年、首都圏の賃貸住宅市場で業界関係者の関心を集めたのが空室率だ。サブリース問題に加え、空き家の急増がクローズアップされた中で、首都圏の2つの県で低層賃貸住宅の空室率が35%を超えたという調査結果がマスコミ報道で一気に広まったからだ。大手サブリース会社からは、実態を表していないという指摘が相次いで騒ぎが大きくなった。前半では、供給の推移や需要の多様化を辿ってきたが、後半は空室率について考えると共に、今後の賃貸住宅市場を展望する。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています