マンション・開発・経営

賃貸順調も為替で減益 森ビル3月決算

 森ビルの17年3月期連連結決算は、主力のオフィス・住宅賃貸が高稼働・高単価を維持したが、物件売却が少なかったことと、中国事業が円高の影響を受けたことで減収減益となった。売上高は2587億円(前期比0.2%減)で(続く)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»