不動産テックEXPO

大言小語 名は体を表す

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 統合に次ぐ統合で3行の名前が連なった大手都銀の長い行名から、漢字二文字が消えるという。業界再編が続く金融業界で、創業時の名前を残している銀行も相当減ったことだろう。同時に、固いイメージのあった銀行も、今では漢字以外の文字が行名に使われることも珍しくなくなった。

 ▼カタカナ、ひらがなの社名が一般化して久しい。外資はもとよりIT系の会社に至っては、漢字の社名を探すほうがむしろ難しいかもしれない。16年に全国で新設された法人数は約13万社弱を数えたが、このうち最も多かった商号もカタカナの「アシスト」だった。これに「ライズ」「さくら」「サンライズ」などが続いた。上位10位までの商号には、カタカナが7つ、ひらがな2つが並んでいる。一文字とシンプルな「和」が唯一、漢字の社名として10位に食い込んだ。

 ▼人の命名の場合は、画数にこだわったり、性別が分かりやすい、聞き取りやすいことなどが大切とされる。子供の健やかな成長を願う親心が込められているのは当然だ。

 ▼社名も事業の発展を願うのはもちろん、何の事業を行っているのか、どんな理念を持っているのかを外の人々に分かりやすく伝えるのも役割だ。カタカナ、ひらがなの社名が増えているのは、漢字では伝え切れない思いがあるからに他ならない。新設法人には、早く〝体が名を表す〟ように期待したい。

連載「大言小語」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています