マンション・開発・経営

収益とも過去最高 三菱地所3月決算

 三菱地所の3月期連結決算はビル事業が続伸し、住宅事業の粗利率が改善したことなどで収益とも過去最高となった。売上高は1兆1254億円(前期比11.5%増)で、営業利益が1924億円(同15.8%増)、経常利益が1698億円(同17.(続く)

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»