不動産テックEXPO

今注目のインスペクション 宅建業法の対象はどこまで 利害関係者は原則不可に

この記事を読むのに必要な時間:約5分

 インスペクションを行ったか否か、宅建業者が重要事項説明時に買主に説明を行うなどの改正宅地建物取引業法が16年に成立、公布された。18年4月の施行後は、中古住宅の個人間取引の過程にインスペクション(建物状況調査)が多く利用される公算が強くくなる。どのような行為が「〝宅建業法上のインスペクション〟とみなされるのか」、「インスペクションを行うインスペクター資格」について骨格は定まってきたが、検討の余地も残されている。国土交通省は既存住宅売買瑕疵保険の普及に期待を寄せており、宅建業法インスペクションの基準にもそれが反映されるとみられているが、どうなるか。現状の国の取り組みと業界の動きを2週にわたって報告する。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています