お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

15年業界展望 「経済再生」を確かなものに 高まる五輪への期待 地方にも「風」を

この記事を読むのに必要な時間:約6分

 師走の衆議院総選挙で、国民は再び、安倍政権に今後の日本の運命を託す決断をした。「経済再生」を第一に考える同政権。14年は、決して「期待通り」とは言えない1年だった。新たに迎えた15年。政府は、これまで以上に日本が盛り上がる政策を打ち出すことだろう。消費増税、不透明な景気の先行き感などまだまだ不安材料はあるが、日本全体の景気が良くならなければ、住宅・不動産業界の活性化もない。まずは経済の立て直しを本格化させ、今後に期待が持てる国にしていくことが、業界を盛り上げる何よりの施策だ。

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています