リスト×リビタ、秋葉原駅徒歩5分の場所にシェアオフィス開発

写真は完成予想の模型

リストデベロップメント(横浜市中区、北見尚之社長)とリノベーション分譲事業を手掛けるリビタ(東京都目黒区、川島純一社長)は7月27日、共同で新築シェアオフィス開発に着手したと発表した。リビタは「暮らしを自由にする」ことをコンセプトとしたシェアオフィス「12(ジュウニ)」を2018年から展開しているが、働き方改革で今後もシェアオフィス需要は高い状況が続くと想定。同社での新築のシェアオフィス開発は初めて。

JR山手線の秋葉原駅から徒歩5分の場所に開発する。オフィス内にはリビング、キッチン、イベントスペースなどの住まいの機能の一部を導入し、「12KANDA」として2023年11月に竣工させて24年1月の開業を予定する。地上10階地下1階建て延べ1944平方メートル。2階~10階にシェアオフィス、1階には飲食店を誘致予定。地下階にはキッチン・スペースなどを設けて、多様な人たちが出会えるようにする。同プロジェクトでは、新宿駅新南エリア一帯(コンコース・駅前広場・商業施設「NEWoMan」)のデザインなどで知られるシナト(sinato)がデザインを担当する。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています