【参加無料】住学一体最先端探求学習実践シンポジウム

最新の高齢者住宅の業界動向レポート タムラプランニング

タムラプランニングアンドオペレーティング(東京都千代田区、田村明孝代表取締役)はこのほど、TPデータ・サービス「高齢者住宅データ〔全国版〕」2022年度上半期号を発行した。それによると、全国における高齢者住宅・施設(全14種類、22年4月時点)の総ホーム数は5万6741カ所になり、総居室数は230万2098戸に上ることが分かった。

タイプ別に見ると、ホーム数ではグループホームの1万4129カ所が最も多く、住宅型有料老人ホーム(1万1232カ所)、介護老人福祉施設(1万246カ所)と続いた。居室数では介護老人福祉施設の64万9809戸が最多となった。

同データは、全14種類・約5.7万カ所の高齢者住宅・施設の整備状況をまとめたもの。タイプ別の有料老人ホームやサ高住の開設状況や業界動向など、市場分析や調査に活用できる。詳細は同社ホームページ(https://www.tamurakikaku.co.jp/dataservice/data-koureisha.html)を参照のこと。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
意外な誤解好評発売中
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中
新聞定期購読

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています