アットホーム、3月末時点で家賃債務保証38社と連携

アットホームは4月11日、賃貸物件向けサービス「スマート申込」で家賃債務保証会社との連携が今年3月末時点で全38社になったと発表した。引き続き、家賃債務保証会社との連携拡大に取り組む。同サービスは2019年8月に投入したものだが、入居申込者が入力した氏名・住所・勤務先・緊急連絡先などの申し込み情報を従来のファクスや郵送ではなく、家賃債務保証会社にスピーディーに審査依頼できるよう拡充した。

業務負担やコストの軽減が図れるほか、入居申し込みから審査開始までのリードタイムの短縮につなげてもらう。2020年4月の民法改正で連帯保証人の極度額明示が義務化され、家賃などの滞納が発生した場合に立替えを行う家賃債務保証会社の利用が広がっていることに対応する。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています