【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

海外コワーキング事業の2拠点目を台湾で今夏開設 JR東日本

 東日本旅客鉄道(JR東日本)のグループ会社である台灣捷爾東事業開發股份有限公司は今夏、台湾・台北市でコワーキングスペース「One&Co Taipei」を開設する。
 「One&Co」は、同社が「Platform for Innovative Business」をコンセプトとして展開する施設で、シンガポール(19年8月開業)に続く2拠点目となる。“日本と海外をつなぐコワーキングスペース”を目指しており、日本企業の海外進出および海外企業の日本進出をサポートするほか、スタートアップと大企業とのマッチング機会創出、利用者間のコミュニティ形成の促進といった機能を持たせている。
 「同Taipei」は台北MRT中山駅から徒歩4分の立地で、日系企業の拠点が集積するエリアに所在。オフィスビルの一部フロアを使用して開設するもので、総面積は約1400平方メートル(共用部除く)。2~12人用の個室オフィス計26室、コミュニティラウンジ内のデスク約110席を設ける。施設内には日・中・英語対応のスタッフを常駐させ、会社設立支援やバックオフィス業務のサポートサービスも用意する。
 利用料は、2人用個室の月額が4万6000ニュー台湾ドル(約19万円)から。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています