不動産テックEXPO

海外不動産の取引を通じ、開発途上国の教育支援 ビヨンドボーダーズ

 グローバルな視点とIT技術で不動産テックなどを推進するビヨンドボーダーズ(東京都新宿区)は、カンボジアなど開発途上国の教育を支援する民間組織「CIESF」(シーセフ)と連携して、海外不動産取引の社会的な意義付けや貢献性を高める取り組みを始めた。

 同社では主軸事業の一つとして、海外不動産事業を展開している。日本国内の投資家などとの物件の取引を通じて、現地の関係者の生活水準の向上などで支援する。具体的には、同社がパートナー企業として活動を開始し、海外不動産事業での収益の一部をシーセフへ活動資金として寄付する。また、シーセフが行うパンフレットの企画や作成といったマーケティング活動もサポートする。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています