三菱地所、大名古屋ビルの使用電力を再エネ電力化

 三菱地所は、「大名古屋ビルヂング」(名古屋市中村区名駅)において、8月から全電力をCO2フリーの再生可能エネルギー由来電力(再エネ電力)とした。中部エリアの大規模オフィスビルでは初めて。同ビルの再エネ電力導入によるCO2削減量は年間約6500トンに相当する。今回導入する再エネ電力は、中部電力ミライズの「RE100」対応の電力で、ビルで使用する電力全量が切り替え対象であるため、ビルの入居企業は自社で再エネ電力を利用していると認められる。
 三菱地所グループでは、東京・丸の内エリアの所有物件を中心に再エネ電力の導入を進めており、今年度の再エネ電力比率は約30%に達する見込み。30年までの中間目標を前倒しで達成する予定だ。
 同グループでは、重要テーマの一つとして「Environment:気候変動や環境課題に積極的に取り組む持続可能なまちづくり」を掲げている。具体的な目標としてCO2削減目標を17年度比で30年までに35%削減、50年までに87%削減、再エネ電力比率目標を30年までに25%、50年までに100%などを挙げており、今回の取り組みはこれらの目標達成に寄与するもの。

 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています