「地域の空き家の可能性見える化PJ」が国交省モデル事業に採択 FANTASテク

 FANTAS technology(東京都渋谷区)は7月19日、国土交通省が空き家対策の課題解決を図る先進的な取り組みを募集する、21年度「住宅市場を活用した空き家対策モデル事業」に「地域の空き家の可能性『見える化』プロジェクト」が採択されたと発表した。同時に、同プロジェクトに参加する自治体を全国から募集する。

 同プロジェクトは、空き家の所有者に対して、同社が無償で空き家の物件調査を行った上、所有者へ空き家の資産価値や活用方法の可能性についてレポートで提示し、空き家の流通や利活用を促進するというもの。空き家の資産価値や活用方法は、これまでの物件調査結果や再生事例、空き家プラットフォーム「FANTAS repro」で蓄積したデータから算出した結果を基に提示するという。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています