住宅新報アプリ スマホやタブレットで読む不動産の最新ニュースアプリ

空き家活用で連携 長野県中野市・県宅建・YADOKARIなど

左から、あきやカンパニー代表取締役の嶋田洋平氏、YADOKARI代表取締役のさわだいっせい氏、中野市長の湯本隆英氏、長野県宅地建物取引業協会長野支部でアクセス代表取締役の阿部善春氏

 全国の買い手のつかない空き家を「100均物件(100円もしくは100万円の2つの価格帯で物件を掲載)」として売り手と買い手をマッチングするプラットフォーム「空き家ゲートウェイ」を共同運営する、あきやカンパニー(東京都渋谷区)とYADOKARI(横浜市中野区)は、長野県中野市、長野県宅地建物取引業協会長野支部と、「空き家利活用を促進するための連携協定」を3月30日に締結した。

 同サイトに「中野市特設ページ」を4月下旬に新設し、4者で連携して、高まる地方移住へのニーズと空き家の活用をつなぐ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています