【不動産テック.BIZ PRESETS WEBセミナー】2022年、不動産実務はどう変わる? ー電子契約解禁で進むデジタル化ー

資産入れ替えで「イオン高槻」を譲渡 日本都市ファンド投資法人

 日本都市ファンド投資法人の資産運用会社である三菱商事・ユービーエス・リアルティ(東京都千代田区)は、ショッピングモール「イオン高槻」(大阪府高槻市)の信託受益権を国内事業会社へ109億5400万円で2021年3月10日に譲渡した。譲渡益は約12億3900万円となり、これは内部留保とし、将来の分配金水準の安定化を図り、今後の資産の取得時などにも活用する。同投資法人では資産入れ替え戦略で、立地や収益性に劣る郊外型の商業施設を譲渡対象に位置づけており、その取り組みの一環となる。

 建物規模はRC一部S造5階建て延べ約5万9506平方メートル。1994年3月と1997年3月に建設した。所在地は大阪府高槻市萩之庄3の47の2の敷地約4万3280平方メートル。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
宅建登録講習申込2022
宅建解答解説2021
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています