「冠水対策仕様」の機械式駐車場を開発  新明和工業

設置イメージ図

 新明和工業(兵庫県宝塚市)は、同社開発のスペース創造型パーキングシステム「ループパークⓇ」のラインナップに「冠水対策仕様」を追加し、2021年2月1日から販売を開始する。車両を接地面から2メートル以上の高さに常時駐車する構造を採用したのが特長となる。海抜の低い地域でも従来型に比べて浸水被害を抑制できる。

 通常は接地面の周辺に設置する制御盤も高所に移設した設計となっており、スイッチ類も防水性能を備えている。ディベロッパーやゼネコンなどに訴求する。大型ハイルーフ11台収容タイプを1基設置した場合の価格は3500万円(税別)。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
2021年度 ジ・オープンMOGI
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています