お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

スマート化で新アイデア募集へ 羽田第1ゾーンスマートシティ推進協

 東京の羽田第1ゾーンスマートシティ推進協議会(鹿島など9社が出資、幹事社・羽田みらい開発)は、新たなスマートシティ実現に向けたビジネスアイデアの創出を目指して「HANEDA INNOVATION CITY IDEATHON(羽田イノベーションシティ アイデアソン)」を2021年2月19日に開催する。これに合わせ、2021年1月12日から、4つのテーマである「スマートモビリティ」(商業施設内の新たな移動手段など)、「スマートロボティクス」(ロボット活用の物流や清掃業務の省人化・生産性向上など)、「スマートツーリズム」(施設や店舗など街全体の回遊性を高める仕掛けなど)、「スマートヘルスケア」(健康増進サービスなど)について、法人やチームを対象にアイデアの募集を始めた。

 2020年夏に開業した大規模複合施設「HANEDA INNOVATION CITY」の施設運営ツールとして鹿島が導入し、人の位置やバイタル情報などをリアルタイムで3次元に表示できる現場管理管理システムの空間情報データ連携基盤「3D K-Field」を活用して、よりよい社会の実現に向けた課題解決と新規事業の創出アイデアを法人やチームで考えていく。同イベントは当日、同大規模複合施設内で開催し、採択したアイデアは、実装に向けた実証実験のほか、これをモデルケースとして東京都大田区をはじめ全国への横展開も目指していく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
2021年度宅建登録講習は申込み受付中
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
重要事項説明書補足資料(改訂第10版)はただいま好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています