お知らせ
ホームインスペクター資格試験のお申込

鉄骨・木造ハイブリッドオフィス計画が国交省先導事業に採択 東急不

 東急不動産は8月25日、渋谷ソラスタに隣接する「(仮称)道玄坂一丁目計画」(東京都渋谷区)が、国土交通省の「令和2年度サステナブル建築物等先導事業(木造先導型)」に採択されたと発表した。同計画では、外部からの視認性が高いファサード2面に、前田建設などが開発した木・鉄骨のハイブッド制震システム「木鋼組子」を国内で初めて採用。また、木造、鉄骨造のハイブリッド構造で、国内最高階数の13階建てオフィスビルとなる。
 同社は、緑の力を活用する新たな働き方「Green Work Style」を提唱。同計画でも木や緑を積極的に取り組み、オフィスワーカーの心身の健康増進や生産性向上に寄与する次世代オフィスのプロトタイプを目指す。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています