お知らせ
展示会招待券(無料)お申込み 住宅・ビル・施設Week -入力画面-

レオパレス21、下請4471社に悪影響及ぶ恐れか 帝国DB調べ

 帝国データバンクは、レオパレス21グループ(株式会社もりぞう含む)と直接・間接的に取引のある下請企業(一次、二次含む)について都道府県別、業種別、年商規模別に集計・分析した結果を2020年6月11日にまとめた。全国で下請企業は4471社、総従業員数は22万2358人に上る。レオパレス21は2020年3月期決算で約802億円の連結最終純損失を計上しており今後の構造改革の動向次第では、これら下請企業に一定の悪影響を及ぼす恐れもあると分析している。

 下請企業は東京都内が最も多い739社(構成比16・5パーセント)、業種別では一次が「建築工事業」60社(同11・6パーセント)、二次が「土木工事業」199社(同5・0パーセント)が最多となっている。年商規模は「1億円から10億円未満」が最も多く2415社(同54・0パーセント)となっている。全体の7割は年商10億円に満たない中小企業という結果を示している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
宅建解答速報号2020
2020(令和2)年度 宅地建物取引士資格試験 試験問題・解答・解説
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています