お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

地所、AIや量子コンピュータ活用し、廃棄物収集最適化を検証

 三菱地所は、AI(人工知能)や量子コンピュータを活用して丸の内エリアの廃棄物収集ルートの最適化を検証した。AI・量子コンピュータのサービスは、グルーヴノーツのクラウド「MAGELLAN BLOCKS(マゼランブロックス)」を使用。丸の内エリアの26棟のビルについて、ゴミの発生量予測や最適なルートを検証した結果、総走行距離や収集車台数、総作業時間を大幅に削減でき、CO2排出量を約57%削減可能とした。三菱地所は、グルーヴノーツに出資しており、今後は収集作業の効率化による長期間労働の短縮や人手不足解消を目指す。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2020
合格請負人「氷見敏明」の宅建WEB講座
新型コロナウイルス感染症対策下における不動産取引の留意点
在宅・オンラインに関するWEBアンケートご協力のお願い

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています