お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

第2四半期最終利益マイナス245億円に下方修正 レオパレス21

 レオパレス21は11月7日、5月10日に公表した予想を大幅に下方修正した連結の業績予想を発表した。2020年3月期第2四半期(上半期)の最終利益を前回予想のマイナス58億円からマイナス245億円へ、同期(通期)の最終利益を前回予想のプラス1億円からマイナス304億円にそれぞれ修正した。

 一連の施工不備問題に絡み、全棟調査を優先したことで補修工事の完了と入居者募集の再開が遅れ、賃貸事業の平均入居率が前年第2四半期に比べてマイナス9.88ポイントの81.11%に大幅にダウン。賃料収入などが大きく減った上、空室損失引当金70億円を繰り入れ、補修費用の増加と臨時調査費用で100億円の特別損失を計上した影響が大きい。通期についても更に入居率が低下すると見ており、一層の厳しい財務状況が続きそうだ。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
不動産コンサルティング技能試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています