お知らせ
登記情報取得ファイリングシステム

ソフトバンクなどがデータ活用企業支援で合弁会社を設立

藤平大輔・インキュデータ社長 今井康之・ソフトバンク副社長執行役員

 ソフトバンクと博報堂およびArm Limited(英国・ケンブリッジ)は9月5日、日本でデータ活用による企業の変革を支援する合弁会社「インキュデータ株式会社」を設立すると発表した。事業開始は10月1日。
 AIやIoTの普及により、企業活動でデータ活用の重要性が高まる中、日本ではデータが他のシステムや部門と連携せずに孤立する「サイロ化」やデータ活用の戦略を立案・実行できる人材不足が課題になっている。同社は、3社のノウハウを生かすことで、効果的な戦略の立案だけでなく、支援先企業と共に「既存ビジネスの変革」「新規事業創出」を担っていくとしている。現在、ソフトバンクはクライアント支援実績として、データを活用した街づくりに取り組んでいるが、インキュデータでは、都市計画づくりにも生かせるとみている。
 同社の藤平大輔社長は、「当初のスタッフは70人体制だが、年々増やしていく方針で、将来は海外進出も視野に入れている」と事業の進ちょくに自信を見せた。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています