お知らせ
不動産のプロを目指すなら不動産仲介士

豪シドニーでマンション開発事業に参画 三菱地所レジデンス

 三菱地所レジデンスは11月28日、オーストラリア・シドニーで現地の不動産会社クラウン・グループ・ホールディングスが開発を進める集合住宅開発事業「Mastery(マステリー)」に参画すると発表した。
 同事業はシドニーのビジネス中心地域から約4キロメートルの立地に、全5棟構成・総戸数374戸のマンションと商業施設を開発するもの。11月17日に販売を開始しており、19年に着工し、21年の全棟竣工を目指す。デザイン設計に隈研吾氏と髙田浩一氏を起用し、日本をコンセプトにした商品企画も行うほか、三菱地所レジデンスが協力して日本での販売も図っていく方針。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています