お知らせ
2018年度競売不動産取扱主任者

住まい手参加研究会が発足 アキュラホーム

 アキュラホーム住生活研究所は9月5日、「住まい手が参加する住まいと住環境づくりの意味と実践研究会(住まい手参加研究会)」を発足させたと発表した。
 同研究会は住まい手の多様化する価値観やニーズを調査し、入居後の満足感向上、住宅地管理とコミュニティの醸成に応用する。研究成果はアキュラホームの手掛ける住宅やまちづくりに反映していく方針。
 同研究会は座長を東京大学の松村秀一特任教授が務め、メンバーには長岡造形大学の水流潤太郎理事長、法政大学デザイン工学部建築学科の岩佐明彦教授、アキュラホーム住生活研究所の伊藤圭子所長らが名を連ねる。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています