お知らせ
不動産コンサルティング技能試験 申し込み受付9/18まで

産学連携のデータ活用で新たな街づくり目指す実証実験 三菱地所ほか

 三菱地所、富士通、ソフトバンク、東京大学大学院工学系研究科大澤研究室は5月14日から、東京・丸の内エリアで産学連携で業種を超えたデータ活用による新しい街づくりを目指す実証実験を開始した。
 同実証実験では、三菱地所が保有するビルの設備稼働データや商業施設関連データなどと、ソフトバンクグループが持つ人の流れに関するデータなどを、富士通によるブロックチェーン技術を活用したデータ流通・利活用基盤を使って共有する。その後、これらのデータを組み合わせて分析し、ソフトバンクを中心に各企業・組織の知見を活用して新事業・サービスの創出を図る。
 例えば、オフィスビルの電力使用量データとビル周辺の人流データを組み合わせ、効果的な販促施策を立案するなど、一見関係なく見えるデータ同士から新たな価値を生み出せるようなデータの利活用を目指していく。同実証期間は12月31日までの予定で、今後はデータを提供、分析または活用する参加企業・組織を段階的に募っていく。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています