お知らせ
HomeAwayのオーナーアカウント登録ページはこちら

避難誘導用EV認定を取得東京・豊島区アウルタワー  都内の既存マンションで初

 東京都豊島区に立地する分譲マンション「アウルタワー」(全638戸・地上52階地下2階建て)の全体管理組合はこのほど、豊島消防署に「避難誘導用エレベーター設置届」と「運用開始届」を提出し、避難誘導用エレベーターの認定を受けた。
 マションで火災が発生した場合、通常は階段で避難する。今回の認定により、階段での避難が困難となる歩行困難者等に限り、火災発生時に消防隊が到着するまでの間に防災センター要員が非常用エレベーターを操作し、避難誘導することができるようになった。
 同物件を管理する三井不動産レジデンシャルサービスによると、既存の分譲マンションではアウルタワーが初の認定という。
 

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
マンション管理士試験解答速報号2019
宅建解答速報号2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています