お知らせ
快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

仙台市の中古マンション流通価格 震災後2年で30%上昇 

 東京カンテイ(東京都品川区)の調査によると、東日本大震災以降、仙台市内における中古マンションの平均坪単価(売り希望価格)が急上昇している。耐震性の高さからマンションの居住ニーズが高まっているものの、ストック総数が限られているうえに売り控えの傾向も相まって、在庫不足に陥っているとみられる。

 仙台市の中古マンション平均坪単価について、過去4年間の推移を四半期(Q)ベースで見ると、震災前は58.8万円(2009年2Q)→57.0万円(2010年2Q)→56.5万円(2011年1Q)と下落していた。それが震災以降、58.6万円(2011年2Q)→63.5万円(2011年3Q)→68.9万円(2012年2Q)→71.3万円(2012年4Q)と急上昇。直近は76.6万円(2013年1Q)を付け、2011年2Qと比べて30.7%上昇している。

無料会員登録で、新着記事のお知らせをメールでお届けします!

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログイン

メールニュースサービスは、スタンダード会員(無料会員)の方もご利用いただけます。
メールニュースサービスについて»  会員について»

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。
受験対策講座2019

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています