政策

大阪・関西万博の方向性定まる 基本の「方針」「計画」決定 街の防災力や活力向上目指す

 25年に開催予定の大阪・関西万博へ向け、事業の具体化へ向けた動きが本格化している。20年12月21日に政府が万博の「基本方針」を閣議決定。それを受けて2025年日本国際博覧会協会は同月25日、「基本計画」を策定、発表すると共に、21年1月29日には記者会見の模様をホームページ上で公開して周知に努めている。これらの先進的な〝万博の枠組み〟が不動産・街づくりにも大きな影響を及ぼすことが見込まれる。(佐藤順真)

有料記事です。続きはログインしてご覧ください。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご利用いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»