政策

不動産のレジリエンスを可視化 認証制度「レジリアル」始動 立地、建物の運用も評価対象に

 不動産のレジリエンスを可視化し、自然災害に強い不動産の開発・運用等への寄与を目指す認証制度「レジリアル(ResReal)」が1月27日に始まる。一般財団法人と複数の民間企業が知識や経験を結集した業界横断プロジェクト。日本の自然災害リスクに合致し、土地だけでなく、建物やその運用も評価の対象とした。不動産所有者はもとより、海外投資家や金融機関等による不動産評価の新たな尺度など、様々なステークホルダーの活用が期待される。まずは水害(外水・内水)版から先行運用を開始する。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»