マンション・開発・経営

再開発で生まれる大規模緑地 都心・大手町に人を呼び込む リーシングなど経済効果も

 日本のビジネスの中枢であり、皇居にも近い大丸有(大手町・丸の内・有楽町)エリアにおいて、大規模な緑地空間の整備が進む。12月にはエリア最大級となる「Otemachi One Garden」が完成する。再開発による緑地空間の整備は、容積率緩和以外にもテナントリーシングや周辺環境のにぎわい醸成、それに伴う商業施設や文化施設の集客といった経済的なメリットも期待されている。

この記事は有料記事です。会員登録すると続きをご覧いただけます。
(新規会員登録で2023年3月末まで無料でご覧いただけます)

会員登録 ログイン

新聞のお求めはこちら»  会員について»