【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

AGE technologies 国交省モデル事業に 相続から空き家対策 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 AGE technologies(東京都千代田区)は、同社の取り組みが国土交通省の『住宅市場を活用した空き家対策モデル事業』に採択されたと発表した。社会問題として広がっている「空き家」が発生するきっかけの1つである「相続」の観点から、同社独自の最新技術を用い、その問題解消を図っている。

 同社は、「相続」のタイミングで正しく相続不動産を登記し、適切に管理される基盤を整えることが空き家対策の第一歩と考えた。各自治体と連携し、住民に対して相続手続きの啓蒙活動を推進する。不動産相続登記を促し、空き家バンクなどの利活用を提案する。住宅市場で物件の流通を増やし、空き家を減らす。

 その際に同社が提供する、不動産名義変更手続きオンラインサービス『そうぞくドットコム不動産』の仕組みを生かす。従来のアナログな手続きの手間や費用が相続登記の壁だった側面もあり、これを最新技術で解消する。また、各自治体住民向けの不動産相続登記対策ウェブサイトを開設して、情報提供も行う。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています