レンタルのニッケンなど3社で協業 遠隔操縦を可能に 建設機械 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 レンタルのニッケン(東京都千代田区)と、日本電気(NEC、東京都港区)は、コーワテック(東京都港区)と共同して、建設機械の遠隔操縦による施工の普及を目指し、より導入しやすいサービスの提供に向けて協業を始めた。

 建設業界の人手不足は、特に過酷な環境の現場ほど深刻化している。その解消策として建設機械の遠隔操縦システムの導入が期待されている。ただ、現場ごとに必要な環境の構築(設計や設置工事)、また運用(調整や設置変更)などにも、手間や負担を掛けられない課題感がある。

 そこで今回、設置が容易で使い勝手のよい、コーワテックの遠隔操縦装置『アクティブロボSAM』に、NECの『重機遠隔操縦サービス』を組み合わせる。通信環境に左右されず、簡単に遠隔操縦できる環境づくりで協業する。レンタルのニッケンのレンタル商材として展開していく。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています