【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

決算 前期の損失計上から回復 経常利益は約400%増に サンケイビル22年3月期

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 サンケイビルは5月23日、22年3月期連結決算を公表した。コロナ禍により減収減益で当期純損失を計上した前年度から回復し、営業・経常利益を大幅に伸ばして2期ぶりの当期純利益を計上する増収増益となった。

 業績の内訳を見ると、「Hareza池袋」の通期稼働による賃貸収入増や、住宅事業における販売収益の大幅増などが貢献し、「ビル事業」「資産開発事業」「住宅事業」の各セグメントで増収増益。

 他方、「ホテルリゾート事業」については、各施設の稼働が一定の回復を見せ増収となったものの、コロナ禍による影響を払しょくするには至らず、前年度に続き営業損失を計上している。

サンケイビル

決 算 22年3月

売上高 1,060億円 (38.7%)

営業利益 106億円 (266.3%)

経常利益 109億円 (406.9%)

当期利益 62億円 (--%)

予 想 23年3月

売上高 --億円 (--%)

営業利益 --億円 (--%)

経常利益 --億円 (--%)

当期利益 --億円 (--%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています