マンションリフォームマネジャー試験のご案内

いい生活 ペーパーレス化を支援 電子契約とデータ連携 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 不動産テック企業の、いい生活(東京都港区)は、同社が提供する基幹システムの不動産業務クラウド『ESいい物件One』と、弁護士ドットコム(東京都港区)が提供するウェブ完結型クラウド契約サービス『クラウドサイン』のシステム連携を4月に始めた。電子契約サービスとのシステム連携は、GMOグローバルサイン・ホールディングス(東京都渋谷区、以下・GMO―GSHD)が提供しているクラウド型電子契約サービス『電子印鑑GMOサイン』に続いて第2弾となる。

 導入企業は、部屋探しの物件情報の提供から、内見予約や入居申し込みの受け付け、賃貸借契約までをすべてオンラインで完結できる。いい生活提供の『ESいい物件One』はリーシング・管理機能と連携させ、一度入力した物件・顧客情報をさまざまな業務の場面でそのままのデータで連動させて使える。電子契約サービスと連携させることにより、パソコン上で契約を締結し、業務の効率化やペーパーレス化に期待できる。

 また、いい生活では、20年1月に弁護士ドットコム、GMO―GSHDと同様に業務提携したドキュサイン・ジャパンとも電子署名の連携サービスの提供を計画している。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています