マンションリフォームマネジャー試験のご案内

売上高は過去最高下期営業利益は19年度基準超過 積水化学住宅C22年3月期

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 積水化学工業住宅カンパニーの22年3月期決算は、部材の遅延や災害の影響から、1月(第3四半期時点)の見通しに対し売上高は0.7%、営業利益は4.6%未達だったものの、売上高で5152億円(前年度比6.2%増)と過去最高を計上したほか、営業利益も353億円(同15.7%増)と増益した。

 下期は売上高2654億円(前年同期比4.2%増)、営業利益205億円(同17.1%増)と、上期に引き続き増収増益。部材の高騰などの影響が拡大したものの、売り上げ棟数の増加やリフォーム事業の回復、コスト削減などによって、営業利益は19年度下期水準(192億円)を超過した。

 23年3月期は、売上高5480億円(前年度比6.4%増)、営業利益380億円(同7.6%増)を計画。部材高騰の影響が更に拡大する見通しだが、コスト削減・平準化の策を講じる。

 同時に、自社分譲住宅をはじめとする新築戸建て住宅の受注棟数や棟単価のアップ、リフォーム事業や自社施工物件の買取再販といったストック事業の強化や、まちづくり事業の拡大によって、19年度並みの営業利益水準の回復を見込む。

積水化学工業住宅C

決 算 22年3月

売上高 5,152億円 (6.2%)

営業利益 353億円 (15.7%)

予 想 23年3月

売上高 5,480億円 (6.4%)

営業利益 380億円 (7.6%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
先行登録キャンペーン
意外な誤解好評発売中
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています