【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

みずほリース・スマートパワーサービス EVスタンド普及へ協定

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 みずほリース(東京都港区、以下・みずほ)と、スマートパワーサービス(横浜市都筑区、以下・SPS)は、分譲マンションに電気自動車(EV)向けの「充電スタンド」を普及させていくため、包括的な業務協定を3月に締結した。SPSがEV充電システムの開発や設置整備などを担う。みずほは、これに伴う各種の金融サービスを提供する。

 EVは普及し始めているものの、多くの分譲マンションでEV向けの充電スタンドが整備されていない。一部の居住者だけがEVを利用する場合に、その設置整備費などを共益・管理費などから支出すると、管理組合の合意形成を図りづらい、などといった課題点がある。そこで今回、両社のサービスを強みとして、設置の支援に乗り出した。

 SPSは、利用者課金式EV充電設備を設置する。受益者負担で導入でき、マンション管理会社と連携してニーズの把握や設置、運用、決済を担う。みずほは金融サービスで設置の促進を支える。両社の提携を通じ、環境問題の解消による持続可能な社会や脱炭素社会の実現に貢献する。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています