【参加無料・WEBセミナー】不動産DXフェス2022/summer

サンケイビル、東急不動産 国内初のホテルレジ 民泊法に基づき箱根で着手

この記事を読むのに必要な時間:約1分

今回開発着手した宿泊施設の外観イメージ

 サンケイビルと東急不動産は4月8日、神奈川県足柄下郡箱根町で新築ホテル「(仮称)箱根仙石原ホテルコンドミニアム・ホテルレジデンス」の開発に着手すると発表した。

 同物件は、購入したオーナーがホテルの1室を所有し、自身が利用しない期間を客室として提供することで、賃料収入を得るという仕組みの住宅・宿泊施設。民泊法(住宅宿泊事業法、18年6月施行)に基づき、宿泊施設として貸し出すことを前提とした新築分譲マンションで構成されたリゾート不動産商品として、国内初(不動産経済研究所調べ)の事例となる。

 69年に「箱根彫刻の森美術館」を開設したフジサンケイグループのサンケイビルと、「東急ハーヴェストクラブ」で会員制リゾート事業に実績を持つ東急不動産が、コロナ禍の影響を踏まえた新たなライフスタイルを提供するリゾート物件として、それぞれの知見を生かし共同で取り組む。

 同物件は鉄筋コンクリート造・4階建ての本館と、同地上1階地下1階建ての温泉棟で構成される施設となっており、延べ床面積は約6270m2。総室数は63室で、内訳は「ホテルコンドミニアム」が38室、「ホテルレジデンス」が25室。販売開始は6月初旬、竣工および引き渡しは23年秋を予定している。

連載「業界これだけ読めば」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読
2022不動産法令改正集_税金の本好評発売中

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています