登記情報取得ファイリングシステム:株式会社 日立ソリューションズ・クリエイト

バーチャル住宅展示場を開設 HANAブランディング

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 HANAブランディング3D建物広場運営事業部(東京都渋谷区)は、さまざまな建物や店舗の3D(3次元)やVR(仮想現実)による画像を集めたバーチャル住宅展示場『3D建物広場』を10月1日に開設した。出展希望者は無料で掲載できる。3年以内に1000カ所の建物の掲載を目指している。

 出展者が建物や内装の魅力を動画などで紹介できる。掲載の分類は飲食店や美容室、オフィス、美術館、博物館、神社、寺院など。今後も分類を追加していく。現在、大手ハウスメーカーではバーチャル住宅展示場のサービスが始まっている。そこで同社は、それらに次ぐ「第二」のバーチャル住宅展示場として今回開設。VR撮影した動画を登録すれば、すぐに閲覧者にアピールできるようにした。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
中古住宅活性化プロジェクトWEBセミナーお申し込み
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
マンション管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています