主力の開発事業苦戦で減収も純損失は縮小 フージャースHD第1四半期

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 フージャースホールディングスは8月5日、22年3月期第1四半期連結決算を公表した。主力の不動産開発事業では、マンション引き渡し戸数の減少などにより売上高・利益共に大幅減。全体でも減収となり純損失を計上したものの、その損失額は前年同期と比べ縮小している。なお、通期予想に変更はない。

フージャースHD

決 算 22年3月期第1四半期

売上高 95億円 (△7.4%)

営業利益 0.1億円 (--%)

経常利益 △1億円 (--%)

当期利益 △1億円 (--%)

予 想 22年3月

売上高 760億円 (△5.3%)

営業利益 57億円 (4.9%)

経常利益 50億円 (8.3%)

当期利益 31億円 (7.7%)

連載「決算」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
宅建解答速報2021
解答速報号申込2021
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています