セミナー レッドフォックス 改革のゴール設定を 

この記事を読むのに必要な時間:約2分

 営業効率化を支援するアプリ『cyzen』(サイゼン)を提供するレッドフォックス(東京都千代田区)は、営業活動の進ちょくの〝見える化〟から、新たな働き方を考えるセミナー『導入後に後悔しない業務報告ツールの選び方』を6月23日に開催し、ウェブで配信した。

 同社取締役COOの横溝龍太郎氏は、企業での働き方がコロナ禍以前と比べて、300人規模を境に、従来通りに出社や訪問営業する中小企業と、テレワークを導入する大手企業に分かれていると指摘し、「業務の可視化は、テレワークや出社の場合でも、今後の効率化や生産性向上に必須条件。まずは営業課題に向き合い、組織の見直しの着手が大切になる」と説明した。

 ただ安易に、最新ツールを導入するのではなく、「現状を認識しつつ、改革の目的やゴールを定め、〝勝ちパターン〟を積み上げていくことが鍵になる。業務報告を徹底するために、進ちょくを見える化する〝チェックリスト〟をつくることで、データを容易に収集できて分析もできる」と解説し、その際に有用な最新ツールとして、同社提供の業務支援アプリを紹介した。

 また、ITコンサルティングのTECO Design(福岡市中央区)代表の杉野愼氏は、「ITツールは、魔法のようにすべてを解決するわけではない。導入後をあらかじめイメージして、何が必要なのかを考え、その目標の姿に近付けるために課題を解消する最新ツールを選択すること」が、導入を後悔しないポイントになると説明した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています