登記サービスならNTTデータの地図クラウドサービス - BizXaaS MaP

セミナー UPDATA 〝アプリ世代〟の部屋探し対応で 

この記事を読むのに必要な時間:約1分

 不動産テック企業のUPDATA(東京都渋谷区)は、賃貸仲介会社による、現在の若者たち〝アプリ世代〟への最新のアプローチ方法を考えるセミナーを5月25日に開催し、ウェブで配信した。

 同社の和田香織氏は、強い〝デジタル企業〟に成長するためには、「単にツールを導入してデジタル化するのではなく、上手に活用し、そのデジタル化を強みとして、競争力や生産性を高めているのかどうかが重要」と指摘した。

 続くパネルディスカッションでは、同社代表の岡村雅信氏と、不動産情報提供サービスアプリ『CANARY』(カナリー)を運営するBluAge(東京都中央区)営業本部長の横山駿介氏が登壇した。部屋探しの現状について、「パソコンでの検索から、今では、スマートフォンを通じたアプリによる検索に移行し、それが増加傾向にある」と説明。アプリに慣れている今の若い世代は、「電話などを通じた積極的な〝プッシュ営業〟を嫌がる。その訴求方法では逆に、マイナスポイントになる。契約更新時の住み替えも視野に入れつつ、長期的な観点で関係性をつくる。適切なタイミングを見極めてアクションを起こすことが大事になる」と説明した。

連載「新型コロナウイルス関連情報」の記事一覧

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
テレワーク応援キャンペーンお申し込み
賃貸不動産経営管理士試験解答・解説2021
不動産日記2022
解答速報号申込2021
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています