快適追客ツールPropoCloud(プロポクラウド)

都市で、郊外で―不動産動かす〝教育熱〟(1) 不動産活用のキーワード「教育」 施設ニーズ「ネオ学童」着目 共働き世帯増え負担能力が上昇

この記事を読むのに必要な時間:約3分

 昨今の不動産活用において、注目のキーワードは「教育」だ。子供の数は減っているものの、共働き世帯における教育費の負担能力は上昇。教育関連ビジネスが盛んになり、舞台としての不動産も需要が増している。一方で郊外などでは、必ずしも公教育によらない、独自の教育理念を実践する学校が移住ニーズを喚起している。 (ライター・鹿島香子)

プレミアム記事です。続きはログインしてご覧ください

会員登録(お試し1ヶ月無料) ログインする

スタンダード会員(無料)の方は月5本までご購読いただけます
新聞のお求めはこちら≫ 会員についてのご案内はこちら≫

住宅新報ロゴ

同カテゴリーのプレミアム記事

同カテゴリーの速報ニュース

最新の速報ニュース

この記事へのリアクション

情報を整理整頓して業務を効率アップ!気になったニュースはすぐスクラップして、業務に活かせる自分だけのデータベースをつくりましょう。

広告についてのお問い合せ | プレスリリースの送付

住宅新報別冊 不動産テックBIZ
新聞定期購読お申し込み
2021年度 合格請負人「氷見敏明」の宅建プレミアム講座
好評発売中|最新 わかりやすい不動産法令改正集 2021年度版
好評発売中|住まいと暮らしの税金の本 2021年度版

注目のキーワード

週刊!みんなの気になるニュース

ピックアップ

オススメ

新着情報

一覧へ ≫
皆様からの情報提供をお待ちしています